漢方薬について調べてみよう|子供が欲しいなら妊活サプリを食生活に取り入れてみよう

漢方薬について調べてみよう

漢方

そもそも漢方薬って何だろう

直接治療するのではなく、個人の体質に合わせて身体を調整することで病気を改善するという考え方。同じ病気だとしても、体型や体質、免疫力、自覚症状は人それぞれなので1人1人にあった漢方薬を医師が処方するようです。植物や動物、鉱物などを使って生薬を作りますが、最近では主にエキス顆粒が取り入れられており、福山市でも近くにある薬局で手に入れることが出来ますよ!

副作用について

身体にとっても良い漢方ですが、体質によって効きすぎたり合わなかったりするようです。そのような時、熱やじんましん、不眠、むくみ、動機、食欲不振などの症状を引き起こしてしまうことも。また、漢方薬のスペシャリストでなければ症状の原因が特定することはできません。表に出ている症状だけで判断をして漢方を服用せず、医師に相談をしましょう。

漢方は不妊に効果がある

生まれ持った体質と後天的に作られる体質があるのを知っていますか?先天的な体質は変えることができません。しかし、後天的な体質は弱点を補うことによって改善させることができるんです。血の流れが悪い瘀血(おけつ)、体に血少ない血虚(けっきょ)、消化器系の働きが弱く、栄養がなかかな身体に取り込めない気虚(ききょ)など、これらを漢方薬で改善させると赤ちゃんが授かりやすい身体になれますよ。また、不妊の原因が冷えなのか、月経前症候群になるのか、ホルモンバランスなのかを特定して、それを完治させるために必要な不妊漢方が何なのか調べられます。「どうして不妊だったのか原因が分からなかった」という場合、体質改善をすることで対処ができるのも漢方薬の人気の秘訣だと言えるでしょう。

こんな症状にはこの漢方を!

  • 顔色が悪い、めまい、立ちくらみが酷いなら当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 疲れやすい、胃もたれがひどい、倦怠感が治らない場合は 十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
  • 肩こり、生理痛、レバーのような血の塊が月経に混じるなら桃核承気湯(とうかくしょうきとう)
  • 自律神経を上手くコントロールできないときは 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 残尿・頻尿感、耳鳴りで困っているなら六味地黄丸(ろくみじおうがん)

高い効果を発揮させるサプリメントの飲み方♪

まとめて飲むのは避けよう!

葉酸サプリは1日に摂取する量が決められています。基本的に1日3粒ですが、それを朝や夜にまとめて飲まないようにしましょう!朝に1粒、昼に1粒、夜に1粒といったように、きちんと分けて飲むことによって身体の中に葉酸成分がある状態を長く続かせることができるんです。

体調良し!そんな時は食事前・寝る前に飲もう

食前や寝る前に飲むと吸収率がぐっと高まります!さらに、就寝前だと成長ホルモンの分泌をサポートしてくれるそうです。水や白湯で飲むといいでしょう。

食後に飲むと胃腸に負担をかける心配ナシ!

子宮によって胃が圧迫されるので、妊娠中に葉酸サプリを飲むなら食後がおすすめですよ。胃腸に負担を減らすことができます!ご飯を食べて30分後がベストタイミング◎

広告募集中