妊娠中に服用するのはなるべく避けたい食品ランキングbest5

no.1

アルコール

妊婦さんはアルコールを摂取しないようにしましょう。妊娠中にアルコールを摂取すると、お腹の中にいる赤ちゃんの発育の遅れ、神経障害を引き起こしてしまうかもしれません。

no.2

大豆イソフラボン

女性の身体にとっても良いと言われている大豆イソフラボンですが、日本人の食生活を考えると十分に足りているんです。妊娠中に大豆イソフラボンが配合されているサプリを積極的に飲むと、過剰摂取につながってしまい赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。

no.3

魚の水銀

妊娠中に魚を食べるときは種類に気を付けましょう。食物連鎖の上に立っている大きな魚には水銀が溜まっており、一般人は大丈夫な量ですが、妊娠中の方が食べるとトラブルを引き起こす可能性大!

no.4

ビタミンA

健康維持のために栄養成分を摂らないといけませんが、摂りすぎると良くないです。中でもビタミンAの場合、過剰摂取をすると赤ちゃんの心臓に障害が出たり、唇が変形したりするようです。バランスを考慮して食事を摂りましょう。

no.5

ヨウ素

海藻類に含まれているヨウ素ですが、妊娠中に過剰摂取をしてしまうと、ママに甲状腺腫や甲状腺の機能が低下するといった症状が現れてしまうようです。毎日、昆布だしを使った食事をしているなら、たまには他のだしに変えてみるなど妊娠中は工夫をしましょう。

妊活サプリや漢方の基礎知識!

診察

賢い葉酸サプリの選び方

様々な妊活サプリメントの中でも人気があるのは「葉酸サプリ」です。しかし、近年では様々な種類の葉酸サプリが増えつつあるので、どれを選んだらいいのか分からない方は非常に多いはず。良いものを選ぶポイントを押さえておきましょう。

【あの有名な3つの栄養素が含まれたものを】
妊活に励んでいる女性、あるいは妊娠中に必要な「葉酸」ですが、それだけを摂ればいいという話ではありません。我が子をスクスク成長させるためにも大量のカルシウムを摂取して供給しなくてはなりません。また、安産を迎えるためにも鉄分もたっぷり摂取しましょう。これらを踏まえて、葉酸はもちろん、カルシウムや鉄分が配合されている葉酸サプリを選ぶべし。

【値段、入手のしやすさ、飲みやすさを考慮する】
栄養素がたっぷり入っているとしても値段が高いと飲み続けるのが難しくなります。長期的に飲み続けると効果が出る葉酸サプリなので、お値段がリーズナブルなものを選びましょう。中には定期注文割引を設けている業者もあるようです。また、販売されている場所が少ないと入手するまでに一苦労しますし、大きめなタブレットやカプセル、味が苦いと飲みづらいかもしれません。

・お手頃価格なもの
・手に入りやすい
・飲み続けやすい大きさ、味

を考慮して選ぶと失敗はありませんよ。

不妊漢方も効果アリ!

「なかなか子供が出来ない・・・」と悩んでいる方もきっと多くいるはず。そんな方に福山市でオススメされているのが不妊漢方です。赤ちゃんが授かりやすいような体質に改善することが出来ますし、低価格なので定期的に購入してもお財布に負担をかけてしまう心配もありません。

サプリだけじゃない!漢方薬も効果◎

漢方

漢方薬について調べてみよう

漢方薬をライフスタイルに取り入れることによって、赤ちゃんが授かりにくいという悩みを速やかに解決させることができますよ。飲む前に詳しい情報をリサーチしておきましょう。

READ MORE

[PR]

名医に不妊鍼灸を依頼
評判の高いクリニックを厳選特集♪

広告募集中